HSKとは?

近年中国語の需要は高まっており、HSKは中国語の公式検定試験と見なされています。今日HSKを取得していることは、中国で勉強したり働くための強みとなるでしょう。

この検定試験を攻略するためにはどのような準備が必要となるのでしょうか?
以下に、試験の構成と試験を受ける前に知っておくと便利な情報について説明いたします。

読み終わった後はHSKの登録方法を見てトレーニングを始めましょう!

無料で始める

HSK試験

HSK試験は、次のようにそれぞれ2つまたは3つのセクションに分かれています:
リスニング力試験、読解力試験、作文力試験。
HSKの1級および2級では、リスニング力試験、読解力試験のみで評価されます。
セクションの順序は常に同じです。

HSK試験は、パソコンで受験することが出来ますが、最も一般的な形式は従来からの紙の受験になります。テキストと画像から構成される問題用紙が各受験者に配布され、リスニング試験の音声は試験官によって再生されます。受験者は解答用紙に解答の記入を行います。

注:HSK試験で紙形式またはパソコン形式から選択できる場合は、パソコン形式の選択をお勧めします。パソコン形式の場合、筆記部分ではキーボードでピンインを入力し、表示された漢字から適切なものを選択することができ(これにより、文字を正確に記憶する必要がなくなります)、また時間短縮にもなります。特に筆記部分の多いHSK 5および6の場合、インターネット版はより攻略しやすくなります。

HSKの試験時間

HSKの試験時間は、35分(1級)から2時間15分(6級)と、他の言語試験に比べると比較的短くなっています。試験の最初の部分である読解力試験では、3分間(1級および2級の場合)および5分間(3級から6級の場合)の間に解答用紙に記入します。

HSKの採点方式

各セクションは100点で評価されます。

1級および2級の場合、200点で評価されます :

  • リスニングセクション= 100点
  • 読解セクション= 100点

合計200点のうち、平均120点が合格基準となっています。

3級から6級の場合、300点で評価されます :

  • リスニングセクション= 100点
  • 読解セクション= 100点
  • 作文セクション= 100点

合計300点のうち、平均180点が合格基準となっています。

試験問題の種類

HSK試験では、どのレベルも同様の試験問題が多くなっています。ただ、6級に近づくにつれ文章が長く、文法がより複雑になり、語彙が増えます。

解答の順番

読解力セクションと作文力セクションでは、ご自身の好きな順序で演習をしていただけます。

HSKに必要な語彙

HSK試験では、レベル毎に一定数の漢字を習得する必要があります。
レベル別必要語彙数:

  • HSK1級:150語
  • HSK2級:300語
  • HSK3級:600語
  • HSK4級:1,200語
  • HSK5級:2,500語
  • HSK6級: 5,000語以上

GlobalExamプラットフォームは、HSK試験の全レベル対応。テスト本番に備えてすぐにトレーニングを開始しましょう! まずはHSK試験の準備から。結果が成績表に表示されます。

無料で始める