TOEFL ITP ®リスニングセクションについて

 TOEFL ITPのリスニングセクションでは、英語での短い会話と長い会話を理解する能力を測定します。このセクションは、英語圏の大学における学生グループの会話形式の音声録音です。 TOEFL ITP対策でこのテストに慣れることが大切です。

会話には次の要点が含まれます。

  • 話し言葉の一般的な語彙と慣用表現
  • 対話で使用される文法構造
無料で始める

リスニングセクションのテーマ

次の点について出題されます。

  • 会話の主題
  • 主旨
  • 機能
  • 慣用表現
  • 会話の目標
  • 要約
  • 結論
  • 会話の構成

リスニングセクションの構成

リスニングセクションは会話を聞いて合計50問の多肢選択問題に解答します。このセクションの制限時間は35〜50分間です。A、B、Cの3つのパートで構成され最高得点は合計68点です。

パート 問題数 制限時間 スコア
パートA 30問(多肢選択問題) 35~50分間 31~68点
パートB 8問(多肢選択問題)
パートC 12問(多肢選択問題)

パートA

2人の短い会話を聞き、それに関する質問に解答します(このパートでは30問解答する必要があります)。会話や質問は一度しか再生されないため、集中することが重要になります。問題を読んだ後、アンサーブックの4つの選択肢を読みます。正解を選択して、解答用紙に記入します。

  • 30の短い会話
  • 会話ごとに1つの問題
  • 合計30問
  • 問題ごとに4つの選択肢

パートB

Vous entendrez 2 conversations plus longues. Après chaque conversation, 4 questions vous seront posées (au total 8 questions composent cette partie). Les conversations et questions ne seront pas répétées.

2つの長い会話を聞き、それぞれの会話に関する4つの問題に解答します。(このパートでは合計8問解答する必要があります)。会話や質問は一度しか再生されません。

  • 2つの長い会話
  • 会話ごとに4つの問題
  • 合計8問
  • 問題ごとに4つの選択肢

パートC

このパートでは、3つの講義を聞き、それぞれ4つの問題に解答します。(通常、教授が生徒に話す形式です)。各講義の後、4つの問題が出題されます。(合計12問)。ここでも講義と問題は一度しか再生されません。

  • 3つの講義
  • 講義ごとに4つの問題
  • 合計12問
  • 問題ごとに4つの選択肢

TOEFL ITP – listeningセクション対策

TOEFL ITPの詳細については、当ブログの記事をご覧ください。

ここでは、TOEFL ITPのリスニングセクションに特化したトレーニングが必要になります。効果的な対策をすることで、試験当日に集中力を持続されることができます。音声録音と問題は一度しか再生されませんので、リズムを崩さずに解答することが大切です。模擬試験で問題形式に慣れていれば、試験当日は自分のリズムでテストを進めることができるでしょう。

GlobalExamの試験対策

Global-Examの効果的なトレーニングで各パートのスコアアップを目指しましょう。
当サイトに登録すると、TOEFLの専門家、教師、採点者で構成される専門家チームによる試験対策が可能になります。TOEFLの典型的な問題形式を練習するトレーニングモードとTOEFL ITPの模擬試験で練習する試験モードで、全てを網羅した試験対策を提供します。

TOEFL ITPのライティングセクションとTOEFL ITPのリーディングセクションの詳細

無料で始める