HSKとは?

HSKは、中国政府教育部が認定する中国語検定試験です。1984年に北京言語大学で開発され、1992年に国際的な公式検定試験になりました。また2010年には、受験者数が750,000人にまで及びました。

この記事では、そんな国際的な検定試験HKSのレベルやスコアについて説明します。

無料で始める

試験について

HSKのレベルは 1級から6級まであり、級が上がるにつれてレベルもあがります。試験はリスニング、ライティング、そして3級からは筆記試験の3つセクションで構成されています。

試験について

オンライン学習サイトGlobalExamでは、HSKの各セクションの対策を効率良く行うことができます。まずはHSK無料テストを試しに受けてみませんか?

国際的に認定されているHSK

HSKは2010年に改訂されて以来、言語評価の国際標準であるヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に準拠するように作られています。

以下は、HSKのレベルとCERLを比較し、各レベルに到達するのに必要な学習期間や語彙数、習得できる能力をまとめた表です。

レベルCERL学習期間能力語彙数
1級A16ヶ月簡単な言葉や文の理解150
2級A21年日常的なテーマについてコミュニケーションが取れる300
3級B11年半日常的なテ―マやプロフェッショナルなテーマについてコミュニケーションが取れる600
4級B22年様々なテーマについてコミュニケーションが取れる1200
5級C1最低でも2年ニュースやテレビ番組の内容、演劇などを理解できる2500
6級C25000語の習得ができるまで書いてある情報と口頭で伝えられる情報を理解でき、自分でも発信できる5000

HSKの点数と評価について

HSKの各セクションの配点は、それぞれ100点で、3級まではリスニングとリーディングで200点満点、3級からは筆記試験が入り300点満点で評価されます。全問題の6割を正解すると、各級に合格することができます。

HSKを受ける前に最も重要なことは、自分のレベルに合った級を選択して受験することです。例えば4級を受験するとします。300点中150点しか取れなかった場合、4級に合格することも、その下の3級を取得することもできません。

どちらの級を受けるか迷っている場合は、低い方の級を選択しましょう。

無料で始める