TOEFL PBT®とは

TOEFLは、非ネイティブスピーカーを対象にアカデミックな内容の英語力を測定するために設けられた英語検定試験です。主に英語圏の大学に出願する学生を対象としています。 TOEFLは、世界で最も広く使用されている英語のテストです。130ヵ国以上の国々で9,000を超える高等教育機関、大学その他機関で採用されています。また、TOEFLはアメリカ、オーストラリア、カナダ、およびイギリスの大学で最も使用されているテストでもあります。 1964年の開始以来、3000万人以上がTOEFLを受験してきました。

TOEFL PBTは紙媒体のテストで、Test Of English as Foreign Language、Paper Based Testという名称の頭字語をとってTOEFL PBTと表記されます。このテストは試験の運営機関ETSが実施するTOEFLテストの紙版です。この紙媒体のテストは、パソコン版テストであるTOEFL IBTに徐々に置き換えられています。

TOEFL PBTの内容およびアクセシビリティの変更に伴い、TOEFL ITPという名称に変更されました。

無料で始める

TOEFL IBTTOEFL PBTの違いは ?

TOEFL PBTのセクション

TOEFL IBTとTOEFL PBTはどちらも受験者のアカデミック英語能力を測定します。どちらのテストも主に学生のために作成されました。両者の違いはいくつかありますが、TOEFL受験者の96%がよりアクセスしやすいインターネットのIBTバージョンを受験しています。

さらに、大学機関は通常TOEFL PBTよりも包括的な試験内容のTOEFL IBTを好む傾向があります。TOEFL PBTには3つのセクションがあります。リスニング、リーディング、および受験者の読解力を測定する「文法」と呼ばれるセクションです。一方、TOEFL IBTには、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのセクションがあります。つまり、TOEFL PBTが聞き取り能力、読解力、筆記力を測定するのに対し、 TOEFL IBTはそれに加え発話力が測定されます。それは大学機関にとって、学生が英語で適切に自分を表現できることが必要不可欠な条件だからです。

TOEFL PBTのスコア

出典 : ETS

 セクション スコア
リスニング理解力 31~68点
ライティング 31~68点
リーディング 31~67点
 合計 310~677点

GlobalExamでTOEFL PBT のトレーニングをはじめましょう

TOEFL PBTとTOEFL IBTはどちらも、大学機関で必要となる試験です。そしてTOEFL PBTの全セクションは、TOEFL IBTと同じものです。したがって、当社プラットフォームのTOEFL IBTを対象としたトレーニングはTOEFL PBT対策にもぴったりなのです。ヒアリング力、リーディング力やライティング力を試すことができます。当社の教師が、 TOEFL PBTで定期的に出題される文法問題対策として作成したTOEFLシートもご覧ください。

またTOEFL PBTとTOEFL IBTでは、採点者の評価基準も同じであるため、GlobalExamのトレーニングで得た結果を基に自分のレベルを確認することができます。当社のトレーニングは全てTOEFL専門の教師により作成されており、100%TOEFLにフォーカスした効果的なトレーニングを提供します。

無料で始める