HSKの紹介

中国の経済発展と共に、中国語の需要が世界中で高まっています。
HSKは国際的に認められている中国語検定試験で、受験者数はますます増加しています。

HSKは中国政府が認定する資格

文部科学省によると、中国語を話者とする人口は世界で最も多く、そのため中国語を話せることで様々な人と交流ができ、ビジネスチャンスも広がります。このように中国語の重要性が高まっている中で、中国語の能力を証明するHSKは、日本で最も受験者数が多い中国語検定試験です。留学や就職、転職活動にも利用でき、世界中でも公的証明として利用できます。

無料で始める

HSKについて詳しく知る

HSKとは

HSK(漢語水平考試)は、中国教育省から認定されている、中国語が母国語でない人のための公式中国語検定試験です。HSKは1984年に現在の北京語言大学で開発され、1992年に中国で公式化されました。2000年代からはますます受験者が増え、 69ヵ国で750,000人の応募者がHSKに合格しました。

ご希望の方は、GlobalExamでHSKを無料で受けることができます。

HSKの種類

HSKは、2009年11月に大幅に改訂され、級数は6級あります。どの級にもリスニングとリーディンがあり、3級からは筆記試験もあります。

HSKについて詳しく知る

またHSKには3つの種類があります:

  • HSKK (漢語水平口語考試)は、中国語スピーキングテストです。
  • BCT (商務漢語考試)は、ビジネス中国語能力を測る試験です。
  • YCT (青少年向け中国語検定試験) は、15歳以下の子供を対象とする中国語の力試験。

HSKKとBCTの受験対策をすることで、HSKに加えてさらに中国語のスキルを強化できます。

HSKのレベル

2009年以来HSKは1級から6級で構成されています。1級のレベルが最も低く、級数が上がるにつれて難易度が上がります。そのため各級に適した語彙や文法を学習する必要があります。

HSKのレベル

HSKは、TOEFLやTOEICなどの目標スコアを設定する多くの語学試験とは異なり、各級に合格するとが目的です。

各級に合格するには次のスコアが必要です:

  • HSK1級と2級では200点中120点を取る必要があります。
  • HSK3級から6級では300点中一80点取る必要があります。

合格の鍵は、正しい準備をすることと、現在の自分のレベルに合った級を受験することです。例えばHSK1級と2級では、合格には最低120点必要で、HSK3級〜6級では最低180点が必要です。もしこの点数に達しない場合、もちろん証明書は発行されませんし、1つ下の級を取得することもできません。

もし受験する級に迷いがある場合、確実に合格するために1つ下のレベルを受験することをおすすめします。

また試験の構造は級に応じて変わります。各級の詳細については、HSK1級~6級について書かれたブログをご覧ください。

GlobalExamチームは、あなたのHSK合格のためのサポートをいたします。

無料で始める