HSK1級とは ?

HSKの人気は近年ますます高まっており、世界中で公認されている中国語試験として見なされています。HSKを持っていることは、中国に留学したり、現地で仕事をしたりするための強みです。

HSK1級は、HSKの中で一番レベルの低い級で、初心者レベルと見なされています。つまりCEFR(ヨーロッパ共通参照枠)のA1に相当します。試験はリスニングとリーディングの2つのセクションで構成されています。
この記事では、HSK1級を受ける前に知っておくべきことを説明します。

どれぐらい点数を取ると合格できるか?

HSKの1級に合格するには、200点満点中最低120点取らなければなりません。つまり試験の6割を正解すれば合格できます。

どれぐらい点数を取ると合格できるか?

ただしギリギリのスコアよりも、少し余裕を持ったスコアを取ることで、次の級を受ける時の自身へと繋がります。なので6割以上の点数を目指すことをおすすめします。

受かるために必要な能力

各級に合格するために必要な能力は、「語彙数」です。 つまり、級が上がるごとに習得しなければならない語彙数が増えます。

HSK1級で証明できる能力は、簡単な語彙や文章の理解と、簡単なコミュニケーションが取れることです。

レベル学習期間必要な能力必要な語彙数CECRL
一級6ヵ月間で週2時間~3時間簡単な語彙や文章の理解150A1レベルに相当

各セクションの構成

HSK1級は、リスニングテストとリーディングテストで構成されています。

両方とも全20問の100点満点(両方を合わせて200点満点)で、問題は4つのパートに分かれています。制限時間は35分です。

リスニングテストの最後に、答えを記入するために3分間与えられています。

HSKの申し込み方法

HSKへの申し込みは、HSK公式ウェブサイト(https://www.hskj.jp/order/testCarts/test)で行うことができます。

HSKの準備を効率よく行うには

オンライン学習サイトGlobalExamを活用する

HSKに合格するには、中国語が話せたり理解できるだけでは不十分です。試験を受ける前にHSKの問題形式に慣れ、問題指示構造について知っておくことが、合格への鍵です。

GlobalExamでは、合格に必要なHSK専用のトレーニングができます。また、プレミアムバージョンでは、練習問題が640問、180時間のトレーニングにアクセスできます。数多くの問題をこなすことで、自然に自信がついてきます。自分の進度を確認するための統計や、苦手な問題を克服するための語彙シートにもアクセスできます。

まずは無料トライアルで模擬試験を受けてみましょう!

無料で始める