IELTSとTOEFLの比較

数多くの英語の試験の中でも、特に形式が似ているTOEFLとIELTS。この記事では、どちらの試験を受ければいいかを決めるために、2つの試験の似ている部分と異なる部分を説明します。

渡航する国によって決める

候補者が特に英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの国に留学や仕事で行く予定の場合、これらの国々の機関、大学、会社で採用されているIELTSを受けましょう。

一方米国またはカナダに渡航する場合は、TOEFLを受けましょう。一般的に試験を選択するのは大学側や企業側で、主に地理的な理由により決定されます。

TOEFLにはアメリカ英語、IELTSには「ブリティッシュイングリッシュ」が使用されています。 リーディングテストでアクセントが問題になることはありませんが、リスニングやスピーキングでは重要な要素になります。もしブリティッシュイングリッシュのアクセントに慣れていない場合は、TOEFLがおすすめです。

無料で始める

試験構成の違いについて

スピーキングとライティング

TOEFLスピーキングライティングテストは、コンピューターでの自動採点です。そのため語彙や文法の間違いを区別せずに、テスト全体を評価します。 一方IELTSの採点では、文法、使用される語彙、文体、文章の一貫性など、多くの基準が個別に評価されます。

IELTSのスピーキングテストは、試験官との面接ですが、TOEFLテストでは、コンピューターとの試験になります。会話は録音され、試験官によって評価されます。もし面接が苦手な場合は、コンピューターで試験を受けられるTOEFLがおすすめです。

試験構成の違いについて

リスニングとライティング

TOEFLのリスニングとライティングでは、主に多肢選択問題が中心ですが、IELTSでは、様々な問題形式があります。 どのタイプの問題形式が得意かによって、TOEFLかIELTSを選びましょう。

オンラインで試験が受けられるかどうか

TOEFL iBTテストはオンラインで実施され、TOEFL ITPテストはマーク式です。 ただし、後者は大学や高校のみで実施されています。IELTSはオンラインでは受験できません。
以上がTOEFLとIELTSの主な違いです。各試験の詳細については、GlobalExamブログの記事をご覧ください。また、どちらの試験が自分に合っているかを知りたい場合、模擬試験を受けてみることも1つの方法です。

GlobalExamで試験対策

GlobalExamは、試験本番と同じ条件でトレーニングするための、オンライン試験準備プラットフォームを作りました。

自動的に記録されるデータで、あなたの進み具合を追跡できます。さらに苦手な部分を集中的に改善するために、文法と語彙の復習用シートにアクセスできます!

無料登録をして、試用版の模擬試験を体験してみてください!

無料で始める