なぜビジネス英語の習得が必要?

ビジネス英語は、国際化するビジネスシーンでクライアントや海外のビジネスパートナーがあなたの実力を見極める為のあなた自身のショーケースのようなものです。

ご存知の通り、多くのフランス人が英語を苦手とし、流暢に英語を話すことが出来ません。そのため、フランス人はグローバル化に消極的だとみなされてしまっています。あなたはそんな風に評価され、契約をみすみす逃したくはありませんよね?では、そんなフランス人に対する固定観念を払拭し、一発逆転を狙いましょう

ビジネス英語は日常英語とは異なります。この記事では、ビジネス英語力を飛躍的に向上させる方法を紹介しています!

無料で始める

ビジネス英語と学校で習う英語の違い

もちろん、不規則動詞の知識は必要不可欠です。例えばシェイクスピアが英語で読めたとしても、英語を深く理解したり履歴書での高評価を得ることは出来るかもしれませんが、実生活ではあまり役立たないでしょう。

ビジネス英語は、ビジネスを行うための特殊な言語です。そのため、その特殊性を学ぶ必要があります。

ビジネス英語と学校で習う英語の違い

また、ビジネス英語は常に進化している言語ですので、いつも自分の知識をアップデートする必要があります。

ビジネス英語を上達させるには?

なぜビジネス英語が必要なのかを見た後は、その習得法を見ていきましょう。

ビジネスシーンで英語を使う際に必要なテクニックが2つあります。まず、聞く力。そして2つ目は、答える力です。

学校英語では、ヒアリング力とスピーキング力が成績評価の対象となりますので、この2つの演習は必須であり、必ず取り組まなければなりません。

今日のデジタル時代では、YouTube、TED Talks、ポッドキャストなど様々な学習ツールがあります。選択肢があり過ぎて、どこから手をつけていいのかわからないということもあるでしょう。そこで、興味のある分野の動画チャンネルやポッドキャスト、講座を聴くことお勧めします。例えば、毎日5分間、通勤、通学時間やランニング中に聞いてみてください。携帯電話の通知機能をオンにすれば、忘れることなく習慣化できるでしょう。

スピーキング力を向上させるためには、英語を話すことが大切です。大切な契約が控えているクライアントは避けたほうが無難ですが、以前の取引先などに再度連絡をして、電話やスカイプを使って英語で話す機会を作ってみましょう

筆記能力ももちろん大切です。メールや契約書を理解すること/作成すること

ライティング力をつける方法は昔ながらの方法がよいでしょう。もし、良い経済辞書をお持ちでしたら、それを読んで語彙を増やし、単語リストを作るなどして勉強しましょう。

GlobalExamの「Business English」講座でビジネス英語スキルを向上させましょう

私たちのプラットフォームでは、様々な学習方法であなたのスキルアップをサポートいたします。

  • 1.職種別英語スキルの習得:コミュニケーション、マーケティング、人事、管理、購買、営業、カスタマーサービス
  • 2.ビジネスシーンで必要なスキルの習得:メールの書き方、会議の進行、海外出張の手配など。それぞれのスキルに必要な語彙、キーワード、文法構造、慣用表現を学習します。
  • 3.レベル別ビジネス英語の習得:初級、中級、上級
    ビジネスシーンでは、様々な職種に共通するスキル習得が必要ですので、幅広い多角的な学習ツールをご用意しました。

ここで学習する職種別スキルや、ビジネスの基本スキルは、各職種に必要不可欠なものです。そこで、1と2のコースでは、共通のスキルを学びますが、職種によってそれぞれの専門性は異なります。3のレベル別コースでは、レベルに応じたスキルを学習します。例えば、ライティングに関しては、基本的なメールの書き方、専門的なメールや文書の書き方、専門的なプレゼンテーションの作成という3つのステップがあります。

レベル別コースをお選びの場合、この3つの学習がレベルごとに行われます。

スキル習得コースをお選びの場合は、この3つの学習を同じブロックで行い、職種別コースでは、職種毎の専門的なスキルを学習します。毎回、ビジネスシーンで実際に起こりうるシチュエーションを想定した15分間の演習で、スキル習得に必要なポイントをまとめた文書と練習問題を解き、ご自分のレベルを確認することができます。最初の状況説明から練習問題についての説明まですべて英語で書かれており、各演習の始めには短いコーチングビデオも含まれています。

各スキルの複雑さは言語の問題ではなく、不測の事態への対応、といった様に、例え母国語であっても伝えにくい特定の感情表現であることに起因している場合があります。例えば、問題が生じたことを相手に説明する際に、正確で的を得た説明を英語の慣用表現に頼ることは難しいでしょう。ビジネスシーンでは、感情的にならず、明確に趣旨を伝えることが大切です。しかもその全てを英語で行う必要があるのです。

GlobalExamの「Business English」講座では、このような状況に対応するレッスンをご用意しています。

やる気が出てきましたか?

無料で始める