IELTSのスコアについて

IELTSを受験すると、試験センターから13~15日以内に結果が郵送されますが、結果表の見方を理解する必要があります。さらに試験を受ける前に、IELTSスコアの計算方法と、大学や専門機関に必要なスコアを知っておくことをおすすめします。受験費用もかかるため、受験するからには一度で目標のスコアを目指しましょう。

また試験を受ける前にIELTSの準備をすることをおすすめします。GlobalExamには、試験対策準備用の様々なサポートがあります。

IELTSは何点満点か?

最低1.0から最高9.0までのバンドスコアという方法が用いられています。結果の総合点数は、各テスト(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)のスコアの平均に対応します。各テストには0から9までのスコアが付けられます。

無料で始める

IELTSのスコアはCEFRと比較すると?

IELTSで6~9が取れると良いスコアと言えます。以下はIELTSのスコアとCEFRを比べた表です。スコアの持つ意味についても説明しています。

スコアレベル結果CECRL
0受験者は試験を受けなかった-
1非ユーザー英語が話せない-
2一時的なユーザー英語の理解と表現に非常に苦労するA2
3非常に限定的なユーザー非常に慣れた状況でコミュニケーションを行うことができ、エラーをしつつも言っていることを相手に理解してもらえるA2
4限定的ユーザー簡単な会話であれば行うことができるが、複雑な語彙は使用できないB1
5中程度のユーザー間違えをしつつも大概の状況で全体的意味をつかむことがで、基本的なコミュニケーションを行えるB1
6有能なユーザー概して英語を使う能力を持っていて、基本的なコミュニケーションを行えるB2
7優秀なユーザー間違いをしても、英語を自由に使いこなすことができる。難しい会話も行うことができるC1
8非常に優秀なユーザーたまに間違えることはあるが、十分に英語を使う能力があるC1

大学に入学するにはどのスコアが必要?

海外で有名な大学に入るには、一般的に6以上のスコアが必要です。しかしより優れた大学に行くには、レベル7以上を目指しましょう。以下は、各大学で必要とされているIELTSのスコア表です。

スコアアメリカの大学カナダの大学フランスの大学
5,5カリフォルニア大学バークレー校パリ・アメリカ大学、EUビジネススクール
6マサチューセッツ工科大学、ウェブスター大学、スタンフォード大学経営大学院コンコーディア大学BEMマネジメントスクール、 EMリヨン経営学大学院
6,5クレイトン大学、 カリフォルニア大学サンディエゴ校マギル大学、Art Institute of Vancouver(バンクーバーアート専門学校)ESSEC経済商科大学院大学、Faculty de Droit et de Sciences Sociales de Poitiers(ポワチエ法学・社会科学大学) 、EUROMED、 パリ政治学院、SKEMA、ECE Graduate School of Engineering、エコール・サントラル・パリ、国立土木学校、高等師範学校
7ハーバード大学、プリンストン、イェール大学、コロンビア大学デューク大学、 The college of veterinarians of British Columbia(ブリティッシュコロンビア州の獣医学部)

企業は何を必要としているか?

IELTS(アイエルツ)は海外に移住したり、外国籍を取るため、また英語圏の国でビザを取得したい人向けのテストです。また駐在員を募集する企業や移民サービス(特にカナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド)からも高く評価されています。

大学に入学するにはどのスコアが必要?

IELTSは世界中で公認されている試験ですが、特にアングロサクソン諸国の大学への留学を希望する人に適した試験です。

英語試験でビジネス向けなものは、TOEIC、GRE(ジーアールイー)、ケンブリッジ英検(CAE、CPE)などです。

ビジネス英語試験の中で最も有名なテストはやはりTOEICです。一般的にTOEICは、企業や雇用者が候補者や社員の英語力を評価するための指標となっています。

GlobalExamでIELTS対策

GlobalExamでは、IELTSと同じテスト形式の練習問題や模擬試験を受けることができます。各練習問題は採点され、結果が表示されので、得意な問題や苦手な問題を確認したり、自分のレベルを知ることができます。復習には語彙と文法をまとめたシートを利用することができます!

GlobalExamでは、必要に応じて復習スケジュールを作成することもできます。無料登録すると、模擬試験や練習問題を試すことができます!

無料で始める